元ニートの自己満足、記録日記

日々の努力をただブログに記録するだけの自己満足日記です。

日々の生活費メモ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190112191542p:plain

毎月の生活費

毎月の生活費がこちら。合計で41484バーツ(142000円くらい)かかる計算。あくまで単純にだけど。

*2019年5月25日に再度変更

 

生活費

バーツ(Baht)

家賃

10000

食事代

12000

おこづかい(俺)

5000

おこづかい(彼女)

9000

通信費(自宅)

539

通信費(スマホ)

295

電気代

2000

水道代

150

交通費

1500

雑費

1000

合計

41484

 

彼女のお小遣いという内訳は

6000バーツ(毎週1500バーツ)+3000バーツ(ローン)という計算である。なぜか俺よりも高いお小遣い設定になってるけど、もうこれは俺の優しさでしかない。

彼女が持ってるコンドミニアムの毎月ローン支払いが9000バーツで、家賃収入が6000バーツあるから、その不足分を支払っているのだ。銀行に毎月3%多めに払うというから、やっぱりローンって意味ない気がするんだけどな。

 

他にかかる可能性のある出費

最後の書いたのが1月だけど、そこから3ヶ月たってどのくらい出費があるのかわかるようになった。結論としては、交遊費も子供関連もここまでかかってない。僕のお小遣いですべて賄えるくらいだ。だから、問題ないだろう。

  • 交遊費(会社飲み、友達飲みなど):3000バーツで収めたい(俺のお小遣いのようなもの)
  • 子供関連:5000バーツくらい
  • 彼女のローン:3000バーツ(固定)

ま〜いろいろ1万バーツはかかりそうだ。しばらくはここの交遊費をできるだけ抑えなければ・・・。

給料と差し引き計算

給料だけど、47044バーツ(16万1500円くらい)だった。いや、マジでアルバイト並の給料だな。これだと日本で相当低いレベルの生活を強いられる・・・。タイだから生きていけるのであって・・・。今の会社はしばらくしたら、さっさと辞めて、他行った方がいいね。大した昇給率もないだろうし。

1年目は海外で有給インターンくらいの経験積むという感覚で、高い給料は諦めよう。

 

毎月貯金できる金額だけど、5560バーツ(19000円くらい)だね。マジで少なすぎるやろ・・・。3ヶ月に一度イインセンティブがあるから、2万バーツ(6万8000円くらい)を貰えたとしてもきついね。それとボーナスが5万バーツくらいあるのかな。もう大変やわ。今年は大きな額での貯金は期待できんな。

 

詳しい計算はしないけど、5万バーツが給料だとしたら。

42500バーツ(7500バーツのプロビデントファンド引いた後)

3284バーツが所得税

 

39216バーツ(交通費足すと42216バーツ)が手取りになるのだろう。そこに加えて7000バーツが加わる。

46500バーツが実質の手取り。でも、しばらくはいろいろあって29834バーツしか手元に残らない。

生活費や諸々で36000バーツがかかるだろうから・・・。手元に残るのが・・・6216バーツ(21743円)。これしか手元に貯金できないのかよ・・・。

プロビデントファンドの貯金を考慮したら、15000バーツ(52480円)を毎月貯金できてることになるけど、それでも少ないな・・・。毎月貯金できる金額としては、21216バーツ(74213円)になるのか・・・。すくねーーー。

3ヶ月くらいは赤字

本当に全然貯金できないね。てかっ、3ヶ月間くらいは一時的に収支マイナスになる可能性がある。

 

最初の3ヶ月はできるだけマイナスにならないよう生活するしかない。本当に金ない時に子供が生まれ、彼女を養ってと大変だ・・・・。まだ20代の若造なんだけど、これを乗り越えれば、大人になれる気がする。

金ないからこそ集中できる

金ないからこそ生産的なことに集中できそう

  • WEB事業
  • 英語とタイ語学習
  • IT学習
  • 筋トレ

お金に余裕ができたらボクシングやムエタイを始めようかな。それまではタイ語力を上げる。