元ニートの自己満足、記録日記

日々の努力をただブログに記録するだけの自己満足日記です。

日本社会で働く以上、謙遜、腰が低い人、共感できる人であるしかない

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190210104516p:plain

謙虚、謙遜、腰が低い人

僕は仕事をしていく上で、くそーと反骨精神みたいなものが生まれて、とにかく結果を出したいという気持ちになる。でも、上司に謙虚であれ、謙遜しろ、腰が低い人であれという形で言われた。

ま〜これが日本人と仕事をしていく上で大切になっていくのだろうと、どこか諦めでもある納得感ができた。それだけ僕には何も力がない。力がない自分が悪いのだ。

 

共感できる行為は仕事を円滑にする

職場であまり良くしてくれない同僚がいたんだけど、明らかに彼女は新しい仕事が一気にふられて苦しそうだった。僕も巻き込まれてうぜーと思ってたことが多かったんだけど、そこを「無茶振りな仕事を振られて、真鍮お察しします。心中お察しします」という感じで共感するような感じで話すと一気に仲良くしてくれるようになった。

ふむふむ、共感は大切なのね。

しばらくは日本的な働き方を学ぶつもりで

いつか自分で何かする上でマネージメントも必要になる。

その時のためにどうやったら人が喜んでくれるか、どうしたら協力してくれるようになるかをここで勉強してみようと思う。

また、顧客との話し方やどうしたら気持ちを開いてくれるかなども学べるはず。