元ニートの自己満足、記録日記

日々の努力をただブログに記録するだけの自己満足日記です。

SSID、SID、OCR、RFIDってなんや?というただのメモ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:Koh_Phi_Phi333:20190210182334p:plain

SSIDとは

スマホやパソコンでネット使いたい時にWifiに接続しようとしたら、アクセスポイントのリストがズラーと並んでいる。これらの各名前がSSIDと呼ばれるもの。

   サイトから引用

街中や電車の中でスマートフォンのWi-Fi設定を見た時、周辺にあるアクセスポイントのリストがズラリと並んでいることがあります。そのリストに表示されている各アクセスポイントの「名前」がSSIDです。 もう少し専門的な話をすると、SSID(Service Set Identifier)とはIEEE802.11シリーズ(いわゆるWi-Fi=無線LANの通信規格)で定められているアクセスポイントの識別子のことで、同じ空間に複数のアクセスポイントがあった場合、混線を避けるために名付けられています。名前の長さは英数半角文字で最大32文字。大文字と小文字は識別されます。 Wi-Fiの子機は無線LANを経由してアクセスポイントと接続しますが、アクセスポイントが複数ある場合、いったいどのアクセスポイントに接続するべきなのかがわかりません。あらかじめ設定を登録してあるものは別として、新規接続を行う場合はSSIDによってアクセスポイントを識別し、暗号化キーやパスワードなどでログイン無線接続する必要があります。(公衆Wi-Fiスポットなどは無線接続とは別に通信用にパスワードが不要な場合もあります)

www2.elecom.co.jp

 

SIDとは

SID(セキュリティ識別子)とはWindowsのユーザーアカウントやユーザーグループに与えられる、固有の識別番号。「S-1-」で始まるのが特徴。

   サイトから引用

SIDとは、Windowsのユーザーアカウントやユーザーグループに与えられる、固有の識別番号。「S-1-」で始まる長い数字の列で表される。表示や操作のほとんどは名前(ユーザー名/グループ名)によって行われるため、通常使用している際にSIDを目にする機会はほとんどない。

RFIDとは

検品作業する際にバーコードでやることが多いけど、OCRであれば電波でタグを一気にスキャンするから時間がかからない。

   サイトから引用

RFIDとは、電波を用いてRFタグのデータを非接触で読み書きするシステムです。バーコードでの運用では、レーザなどでタグを1枚1枚スキャンするのに対し、RFIDの運用では、電波でタグを複数一気にスキャンすることができます。電波が届く範囲であれば、タグが遠くにあっても読み取りが可能です。

www.denso-wave.com

OCRとは

手書きの文字や紙ベースでの書類をパソコンでデーターに落とし込める技術

   サイトから引用

OCR(Optical Character Recognition/Reader、オーシーアール、光学的文字認識)とは、手書きや印刷された文字を、イメージスキャナやデジタルカメラによって読みとり、コンピュータが利用できるデジタルの文字コードに変換する技術です。当社が商品化しているOCRがどのように文字認識をするのかを、新聞や雑誌などを読取る活字文書OCRの例でご紹介しましょう。

mediadrive.jp